話題

長久保浩二の生い立ちや学歴は?大学中退はデキ婚が原因!?【川越立てこもり事件】

長久保容疑者

埼玉県川越市のネットカフェ立てこもり事件で逮捕された、長久保浩二容疑者。

2012年に事件を起こしてから、2度目の立てこもり事件となりました。

長久保容疑者は、どんな人生を歩んできたのでしょうか?

今回は、長久保容疑者の生い立ちや学歴、経歴などについて調べてみました。

埼玉県川越市のネットカフェ立てこもり事件

2022年6月21日夜、埼玉県川越市のインターネットカフェ(快活CLUB 川越脇田新町店)で、立てこもり事件が発生。

 

22歳の女性従業員を人質にとり、約5時間個室ブース内に立てこもりました。

人質となっていた女性も保護され、命に別状はないということです。

長久保浩二容疑者は、2012年11月にも事件を起こして逮捕されています。

2012年の事件
  • 飲食店でカッターナイフで店員を脅して無銭飲食
  • 愛知県豊川市の信用金庫でたてこもり事件

2013年4月に懲役9年の実刑判決を受け、2022年4月に出所したばかりでした。

出所後は、埼玉県内で住み込みの土木作業員として働き、6月上旬からは蕨市などのネットカフェを転々としていたそうです。

ピースサインをする長久保容疑者

所持金が数百円だったという長久保容疑者。

捕まった際に、「刑務所に戻りたかった」と話していたようです。

頬もこけていることから、何日も食べてなかった可能性もありそうです。

長久保容疑者の生い立ちや学歴は?

長久保容疑者は、山梨県北杜市出身で、4人兄弟の長男だそうです。

実家は大きな庭のある2階建ての家で、父親はサラリーマン、祖父も同居していたとのこと。

近所の人は「なんら変わったところのない普通の子どもだった」と語っています。

高校は?

夢は農業をやることで、トラクターなどが好きだったとのこと。

高校は、地元の農業高校に通い、ソフトテニス部にも所属していたそうです。

テニス部所属の長久保容疑者画像:FRIDAYより

高校時代の同級生は、

「特におかしなやつとか全くなく、普通にみんなで騒いだり、普通に学校に来てたし、頭もそんな悪い方じゃなかった」

と答えています。

長久保容疑者は、「良い友だちができてとてもたのしい三年間だった」と卒業アルバムに綴っています。

高校までは楽しく通っていたようです。

大学は?

大学は、県内の農業大学に進学したそうですが、大学名などは明らかになっていません。

転機は大学に進学した直後だったといいます。

スポンサーリンク

大学中退はデキ婚が原因!?

デキ婚で大学中退(1999年頃?)

長久保容疑者は、19歳で大学の同級生とデキ婚の後、中退しているそうです。

アパートで新婚生活を送り、友人にも「結婚して子供ができた」と照れたように話していたといいます。

離婚して地元を離れる(2000年頃?)

しかしすぐに離婚して、一時は実家に帰っていたとのこと。

母親によると、仕事を見つけたといって、地元を離れたそうです。

20歳ぐらいで家を出たとすれば、現在42歳(2022年)なので、2000年頃の話だと思われます。

愛知の事件前(2012年以前)

そこから10年ぐらいは何があったのか分かっていません。

2012年の愛知の事件の数年前から、窃盗や詐欺事件を起こし、服役と出所をくり返していたと報じられています。

母親は容疑者から服役中に何度も手紙をもらったといいますが、返事は出さなかったとのこと。

また、長久保容疑者のお子さんは既に成人になっていると思われますが、生まれてから会っていない可能性も高そうです。

今回の事件後に、「自分の人生に嫌気がさした。また事件を起こせば刑務所に戻れる。」などと言っている長久保容疑者。

孤立感を深めていたことで、周りに人がいて、食事にも困らない刑務所に戻りたかったのでは?とも言われています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、埼玉県川越市のネットカフェ立てこもり事件で逮捕された、長久保浩二容疑者について、生い立ちや経歴などをお伝えしました。

逮捕された後、ダブルピースなどをしていることから、刑務所に戻れることが嬉しかったのかもしれません。

警察は「自暴自棄になっての犯行」とみて、詳しい動機を調べているようです。