話題

松江大樹はなぜ帰国した?「逮捕しないで」と両親からも連絡か

松江大樹容疑者

持続化給付金詐欺グループの主犯格として、松江大樹容疑者が逮捕されました。

ドバイに家族と逃亡していると言われていましたが、なぜ帰国したのでしょうか?

今回は帰国した理由について調べてみました。

松江大樹が成田で逮捕

松江大樹容疑者は、持続化給付金詐欺グループのメンバーで、主犯格と言われています。

2022年1月頃からメンバーが逮捕され始めると、松江大樹容疑者は2月にドバイへ妻子と逃亡。

短期ビザを取得し、ドバイの住民票を得た後、投資会社を現地で設立していたようです。

そんな松江大樹容疑者が2022年6月13日に帰国し、成田空港で逮捕されました。

松江大樹はなぜ帰国した?

松江大樹

松江大樹容疑者は、なぜ帰国したのでしょうか?

帰国した理由について本人は、

自分が主導的な役割をしているような報道がされているが、それは事実ではない。日本に帰って説明したい

と連絡していたようです。

家族からは「13日に出頭させる」と弁護士経由で伝えられています。

また、両親からは「全部、本当のことを話させるので、逮捕しないでください」という内容の上申書が提出されていたそうです。

自ら出頭するかたちで、少しでも罪を軽くするのが目的だったとみられています。

しかし、今回は自首は成立せず、大幅な減刑にはつながらないのではないか、と言われています。

他にも帰国することで何かメリットがあったのか、続報が入りましたら追記したいと思います。

スポンサーリンク

松江大樹がドバイに移住計画?

松江大樹容疑者は、「現地で投資会社を設立し、法人ビザを取得した」と供述しています。

長期ビザを取得するために、逃亡先のドバイで会社を設立したそうです。

現地で法人ビザを取得すると滞在期限が3年間となるため、逃亡先で長期の滞在を目的として会社を設立し、ビザを取得したものとみられます。

引用:テレ朝NEWS日本に帰国した松江大樹容疑者。

日本に帰ってくれば逮捕されることが分かってので、長期滞在をするつもりだったのでしょうか。

それとも、前から移住を計画していたのかは、明らかになっていません。

長期ビザを取得していても、滞在期限は3年間。

今後の人生を考えて、早めに帰国して出頭することを考えたのかもしれませんね。

松江大樹の供述内容

取り調べでは、グループの仲間とは、暗号資産の投資セミナーで出会ったことを供述しています。

仲間と一緒に計画を立案したとみられ、「持続化給付金指南役チーム」というLINEグループを作っていたとのこと。

ドバイでは会社を設立して法人ビザを取得し、長期で移住する計画を立てていたようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ドバイへ逃亡していた松江大樹容疑者が、なぜ帰国したかについてお伝えしました。

自首というかたちで出頭し、罪を軽くすることが目的だったと言われていますが、自首扱いにはならないようです。

両親から「逮捕しないで」といった上申書も提出されていたことが明らかになりました。

今後の続報にも注目したいと思います。

松江移住
松江大樹がドバイに会社を設立した理由3つ!長期ビザを取得して移住を計画か?持続化給付金詐欺グループの主犯格と言われる松江大樹容疑者。 ドバイに逃亡し、会社を設立していたことが報じられています。 松江...